MENU
りんごまめ知識

「りんご栽培に必要なことば」

5E7A3755 (2).JPGりんご栽培の中には独特な呼称が多く出てくるというのをご存知でしょうか。
就農間もない若者や、他県から勉強に来る人などはこれに戸惑いを覚えることも多いとか。枝先のことは「ウラ」。
裏のことではなく先っぽを表す言葉としてウラというそうです。
また、徒長枝(とちょうし=一年で伸びすぎる利用価値の低い枝)を「バヤ」。
幹のことを「ドギ」。これは胴木の意味なんだとか。
樹の成長よって古い樹皮が浮き上がる粗皮のことを「カビ」。このほかにもたくさんあります。
りんごを学ぶにはネイティブな津軽弁の理解が必要なのかも知れませんね!

出典:弘前市役所ホームページより
http://www.city.hirosaki.aomori.jp/