MENU
りんごまめ知識

「りんごの名前と品種」

さんさ.JPG日本の現在のりんご栽培は、明治初期の欧米からの品種の導入によって本格的に開始されました。これらの品種には、勿論欧米での名前がついていました。
しかし、現在のように横文字が氾濫している時代ではありませんでしたので、日本名がつけられることになりましたが、最初は産地ごとに勝手に名前をつけていたため、かなりの混乱があったようです。

北海道や青森県では、開拓使が導入した番号で呼ぶものが多く、同じ品種でも地域が違うと別な番号がつきました。
「アレクサンダー」という品種は、北海道では「一六号」、青森県では「八号」と呼ばれていたようです。山形県ではイロハを採用し、「イ印」「ロ印」。その 他、試作させた篤農家が自分の園の名前をつけた「岡本」「松井」、これに熟期を絡めた「樋口晩(ひぐちおく)」、「菊池早」などという名前があったようで す。
前述の「紅玉」も、「六号」「満紅」「三五号」「千成田」「千生」「チ印」「盾無」。
以前ご紹介した「国光」も「四九号」「晩成子」「三七号」「雪の下」「キ印」「霜潜」などといった名前で呼ばれていたそうです。

参考文献:「日本大百科全書24」 小学館
「りんごのほん」栗田哲夫編著、和広出版