MENU
りんごまめ知識

「りんごの名前」

10998079_786576661437610_8964212007959034245_o.jpg

りんごの名前ってどうやって決まるのでしょうか?
りんごは常に品種改良されていて、新しい品種が生まれると育成者や果樹試験場で名前が付けられます。同じ品種でも地域によって別の名前が使われたり地域特有の名前がつけられたり。
ちなみに先日ご紹介した「国光」。青森県では「雪ノ下」、岩手県では「晩成子(おそなりこ)」と呼ばれています。
名前から生まれた地域を想像するのも楽しいですね!

出典:「まるかじり!りんごの本」より