MENU
りんご農家から

摘果(実すぐり)作業

10382387_623699887725289_6227399598988483562_o.jpg
6月の「りんご農家の成田」さんの農園は、マメコバチの働きによって授粉したりんごの花がりんごの実へと姿を変えていました。
葉が茂り緑であふれている園地の中では、ひたすら摘果(実すぐり)作業が行われていました。
以前、今日もりんご部でも体験してきてお話したように、りんごは1つの株に5つくらい花を付けるのですが、これを全部成らせてしまうと栄養不足のため小さなりんごしか出来ず、翌年に花を付けなくなってしまいます。
その為、「りんご農家の成田」さんの農園でも、余分な実をひとつづつ手作業で取っていきます。
最終的には約4株に1つの実(1株5つの花とすると20の花に1つの実)、そしてりんご1個に葉が50枚程の目安になるよう仕上げていきます。
この作業が7月の始め頃まで黙々と続けられます。
10382541_623699961058615_5561554001338518328_o.jpg
10397261_623699931058618_9162969142676861810_o.jpg