MENU
りんごまめ知識

「印度」の花

10317676_608362169259061_4037396381643760930_o.jpg
今ほとんど見かけなくなった日本原産第一号の品種「印度」。
この写真はその「印度」の花です。
「印度」は、明治初年に青森県津軽の城下街・弘前市にひょっこり生れ出た品種で、当時は、「酸っぱくないのはりんごに非ず」と地元の人々からは見向きもされなかったそうです。
しかし、甘いりんごとして次第に有名になり、戦後は高級りんごとして出回りました。硬くて、甘くて、酸っぱくない、よく保存のきくりんごです。
大きさは約300g前後。「ふじ」とほぼ同じサイズです。
日本で生まれた西洋りんごなのですが、その歴史には詳細な点で不明なことが多い品種で、
印度という名についても、弘前市東奥義塾教師のジョン・イング氏からという説、彼がインディアナ州出身だったからという説、インディアナから種子が送られてきたからだなど、いろいろな説があるようです。