MENU
りんご農家から

マメコバチ

10257409_601074723321139_442322664456871070_o.jpg
りんごの花が咲き始めると、りんご農家では、授粉が重要な仕事となります。
りんごは自分の花粉(同じ品種)の花粉がついても結実はしない為、人の手による人工授粉やマメコバチという小さなハチを使って、他の品種の花粉を授粉させる必要があります。
マメコバチは人間を攻撃することはなく、せっせとりんごの花と花の間を飛び回ります。
ブルーシートに囲まれたりんご箱の中の「かや」がマメコバチの巣となっています。
行動範囲は50m程なので、「りんご農家の成田」さんの農園では、40mおき位にハチの巣がおかれているのです。
966249_601074779987800_3765065324002708503_o.jpg
10362760_601074826654462_7149270107543993749_o.jpg