MENU
りんご農家から

世界農業遺産

1980076_577109952384283_1437131146_o.jpg
突然ですが・・・皆様は世界農業遺産についてご存じでしょうか?
世界農業遺産とは、世界重要農業システム(GIAHS)、国連食糧農業機関(FAO)が2002年から始めたプロジェクトで、次世代に継承すべき重要な農林水産業や生物多様性、農業景観を有する地域システム等を認定しています。
現在世界では、イフガオの棚田(フィリピン)、アンデス農法(ペルー)等、日本ではトキと共生する佐渡の里山、静岡の茶草場農法等、11ヶ国・25ヶ所(うち日本5ヶ所)が認定されています。
今、この世界農業遺産に津軽地方を中心としたりんご栽培を登録しようとする動きがあり、五所川原6次産業化推進協議会が研究会を発足させたそうです。
近い将来、地域に根差し環境と調和した伝統的なりんご栽培が認定される日が来るとうれしいですね。