MENU
りんごまめ知識

数えるほどしかない希少品種「純情はるか」

1622836_563863740375571_854157458_n.jpg
今日は岩手県産の「純情はるか」のご紹介をしたいと思います!
「はるか」は「ゴールデンデリシャス」に「スターキング」を交配し、岩手大学の横田名誉教授が26年もの歳月をかけて生み出した品種です。その後、岩手県内のりんご栽培のスペシャリスト達によって結成された研究会によって栽培方法が確立されました。
また、「はるか」の木はまだ数えるほどしかない希少品種です。
見た目も品の良い落ち着いた黄色のりんごで、甘味が強く、黄色いりんごでは珍しく蜜入りが良く、甘くてシャキシャキとした食感が楽しめます。こんなに美味しいりんごがあったのかときっと驚くはずです。
一般的な美味しいりんごは糖度が13~14度ですが、はるかは平均糖度が15度もあるそうです。