MENU
りんごポリフェノール

口の美容、「口臭予防」、「虫歯予防」の効果

口臭の原因となる成分を抑制

口臭予防.jpg

 口臭の原因はいろいろありますが、大きな原因として、口の中に生息している細菌が、唾液や食べカスなどの含硫アミノ酸を分解・腐敗させる時に発生するメチルメルカプタンと呼ばれる硫黄化合物があります。メチルメルカプタンは、腐ったたまねぎの臭いと言われるくらい、強烈な臭いを発します。

 実験で口腔細菌を含むヒトの唾液にりんごポリフェノールを添加して、発生したメチルメルカプタンの量を測ってみたところ、50%以上もその発生が抑えられたことがわかりました。消臭を目的として食品に使用されている添加物、銅クロロフィンNaと、りんごポリフェノールには同等の効果があることが確認されました。

歯垢の付着を防ぎ、虫歯を予防

 1950年代、りんごを食べると、歯肉炎や虫歯予防につながる、といわれていました。その理由のひとつに、りんごポリフェノールの作用があると考えられ、りんごポリフェノールを使った実験でそのことが裏付けられました。

 女子学生に3日間歯磨きを禁止し、その間、りんごポリフェノール液で口をゆすいでもらいました。その結果、歯垢の付着が抑制されることがわかりました。歯垢は、虫歯菌(ミュータンス連鎖球菌)が出す酵素によって形成されます。りんごポリフェノールは、その酵素の働きを阻害することが確認されています。このことから、虫歯予防にも役立つといえます。