MENU
りんごポリフェノール

りんごポリフェノールの抗酸化力が若さを保つ鍵

抗酸化力が若さ.jpg
 からだの中の栄養素を燃やしてエネルギーに変えるのに酸素は欠かせませんが、たくさんあればよいというわけではありません。たとえば、鉄は空気中の酸素に触れると錆び始め、やがてぼろぼろになってしまいます。燃焼と錆びは、科学的には酸化と同じ現象で、日常吸っている酵素の一部がからだを錆びさせる恐れがあるとわかってきました。
 毎日吸っている酵素のうち2〜3%がからだの中で異常に酸化力が強い活性酸素に変化します。活性酸素は体内の細菌を攻撃するなど、からだに良い働きもしますが、過剰に発生すると正常な細胞を錆びさせて、健康に悪影響を与え、老化を促進したりします。人のからだが老化するのは、酸素の一部である活性酸素が細胞を酸化させることが原因ともいえます。
 活性酸素は、通常の生活の呼吸でも少しずつ発生していますが、車の排気ガス、喫煙、バランスの悪い食生活、ストレス、アルコールの摂り過ぎ、過度な運動などの要因で増加します。若いうちは活性酸素を消す酵素の活性が高いのですが、加齢とともに減少し、活性酸素の影響を受けやすくなります。
 これらの活性酸素を消去するのが抗酸化物質と呼ばれる成分で、その代表的なものがポリフェノールです。ポリフェノールは何本かの"OHの手"(水酸基)を持っています。そのため酸素と反応しやすく、活性酸素のような過度な酸素にまっさきに酸化され、活性酸素の害からからだを守ります。つまりこれが抗酸化作用です。このような食品を摂取することが、からだを若々しく保つ鍵といえるでしょう。