MENU
りんごポリフェノール

プロシアニジン類に発ガンを予防する効果

発がん予防.jpg
 ガンは、放射線、紫外線、活性酸素、各種発ガン物質などによってDNAが損傷を受けることが原因の1つとされています。発ガン物質を投与したマウスにりんごポリフェノール1%配合水を摂取させると、飼育5カ月後、摂取しない場合と比較して腫瘍の数や重量が抑制されることが確認できました。さらに、りんごポリフェノール中に65%前後含まれるプロシアニジン類が、とくに発ガン予防に有効であるとわかりました。